お尻ニキビと黒ずみ治療ガイド~皮膚科医も薦めるスキンケア~

お尻ニキビや黒ずみを治療し、早く治すために、皮膚科医師の間でもすすめられているのは正しいスキンケアの実践です。何度も繰り返す、しつこいお尻のニキビ、黒ずみに本気で悩んでいる方は、是非参考にしてみましょう

*

お尻ニキビ・黒ずみを早く治す、スキンケアの手順



お尻のブツブツをなんとかしたいあなたへ

お尻のニキビ・黒ずみ治療において
スキンケアを重要視するのは それなりの理由があります。


多くの方の肌を診察している皮膚科医師の間でも、 治療のみをほどこした場合より、治療と同時にその人の肌質に 合わせたスキンケアを併用した方が、お尻ニキビの治り方の速度や、 肌の整い方、ニキビ跡の改善に格段の違いがあると知られています。


何より、ニキビやできものが再発しにくい状態にするためには このスキンケアについて正しい知識を持つことが大切です。


お尻ニキビ、黒ずみの原因TOP3

お尻ニキビ 原因

1位 肌のバリア機能(保湿力)の低下

・角質肥厚(古い角質の蓄積)
・乾燥肌や敏感肌
・生活習慣の乱れによる。免疫力の低下

2位 摩擦や圧迫など、過度の刺激

・血流の悪化
・下着や衣類によるものが多い

3位 シャンプーや石鹸などの科学薬品

・背中ニキビなども同じ要因
・経皮毒の蓄積・アレルギー反応


安全に、そして自分の家で簡単に行えるスキンケアは 時として「ケア」という範疇を超える成果をあげるのです。 これまでお尻のニキビやできものに悩んでこられたあなたは このことを肝に銘じておいてください。


以下にニキビを刺激せず、早く回復に向かわせる為のスキンケアの手順の例を挙げました。ケア製品選びに役立つヒントもご紹介します。


お尻のニキビや黒ずみの改善方法

お尻黒ずみ 対策

「お尻の保湿が」効果的な理由

健康な肌の状態は、角質層に約30%の水分を含んでいます。

この水分量が30%より少なくなると乾燥肌となり
更に10%以下にまで落ちると敏感肌へと移行します。

敏感になった肌は皮膚の抵抗力が低下。
ニキビや黒ずみができやすい肌になっているのです。


素肌力回復に効果的な、有効成分TOP3

お尻 保湿

1位 セラミド

最も保湿力の高い、角質細胞の状態を司る重要な成分。
肌内部に水分を閉じ込め、皮膚の回復、健康を促進。

2位 ヒアルロン酸

真皮(肌の深部)にあるゼリー状の成分。
セラミドより保水力は劣るが吸収量は豊富。

3位 エラスチン

肌の弾力を支える繊維状の成分。
水を抱え込む性質があり、ハリのある地肌を作る。


お尻の出来物、ブツブツ等に効果的なケア方法とは?

お尻 ケア

古い角質が溜まり角質肥厚を起こした
お尻の分厚い皮膚には、通常の美容液などは届きません。


お尻の状態にあった、専用のものを選び
角質層の奥にまでしっかり栄養分を送ってあげる事が大切です。



ピーチローズ-薬用ヒップケア美白ジェル-

皮膚科ドクター監修「スキンケア大学」推薦


  • アットコスメでも1位に選ばれたお尻ケア専用薬用ジェル。

  • 出来てしまった
    「お尻ニキビ跡や黒みずも消える」と口コミで評価!

  • 60日間の返金保証まずは試してみたいというあなたに

価 格 内容量 主な成分 1回の費用 添加物
48%OFFキャンペーン実施中 60g(約1ヶ月分) セラミド
天然ビタミンE等
180円~
鉱物油・パラベン等不使用




ニキビ予防の為のお尻のケア方法

お尻の皮脂と汗は相性が悪い!
すぐに対処しましょう


お尻の皮膚にとって汗は一番の刺激物となります。 それでなくても代謝が悪くなりがちな部位に 皮脂の分泌が高くなると、相乗作用で異常が起こりやすく なります。


汗の主成分である「尿素」と、汗の「塩分」が
ダブルの刺激となり、お尻を攻撃するわけです


これはお尻だけでなく、体全体に関しても言えることで汗は こまめに拭き取る、または、早めにさっと洗ってニキビを 予防しましょう。


おしりの洗いすぎは注意!
化繊のタオルは使用不可


余分な皮脂を落とし肌を綺麗にしようと、お風呂に入ったり まめにシャワーを浴びたりする事は良いことです。 ただし、ニキビができている部位を強くこすってしまうのは 顔を洗う時と同じで、刺激がつよすぎます。


その時に使用するタオルは摩擦が強い化繊のものではなく、 天然繊維のものを選ぶのがポイント!なでるように優しく洗ってください。


また、市販されている薬用石鹸など、殺菌作用があるものも 逆に肌の乾燥を促し、お尻の皮膚表面がザラザラになり それを保護するために、さらに皮脂の分泌を増やしてしまう事になる ので要注意です。


でも、お尻のニキビは相当頑固で強力です。


ニキビに刺激を与えないようにとアトピー肌専用の低刺激石鹸では
洗浄する力が足りず、過剰に分泌された皮脂を落とす効果があまりありません。


石鹸を選ぶときは、固形やクリームどちらでも良いですから 天然成分で汚れを落としてくれるものを選び、それで泡立たてた泡を 皮膚に当てるようにし、汚れを落とすようにしていきます。直接肌に石鹸をつけて洗うのは厳禁です。


よく皮膚科でアドバイスされるのは、石鹸でお尻を洗ったあと ピーリングの効果あるマイルドな洗浄剤を用い、皮脂分泌の多い 胸元や背中、お尻だけをさきに洗って、


入浴後に炎症効果のある市販のお尻専用クリームやセラミドなど 肌の細胞を再生させる作用のある 保湿・保護クリームをつけることです。


これはニキビ跡予防や、黒ずみ改善にも有効な方法です。