お尻ニキビと黒ずみ治療ガイド~皮膚科医も薦めるスキンケア~

お尻ニキビや黒ずみを治療し、早く治すために、皮膚科医師の間でもすすめられているのは正しいスキンケアの実践です。何度も繰り返す、しつこいお尻のニキビ、黒ずみに本気で悩んでいる方は、是非参考にしてみましょう

*

お尻のケミカルピーリング治療のメリット・デメリット

      2015/03/07


 

お尻 ピーリング
 

最近は、酷い状態のお尻の黒ずみやニキビの治療としてケミカルピーリングというものもよく聞かれるようになりました。

この方法は肌に対して薬剤を使用し、化学的に作用させて治療を行ないます。

ピーリングは皮をむくという意味がありますが、そのとおり、薬剤により表皮の浅い部分の層を溶かしきれいにします。きれいにむかれた肌は生まれ変わりのサイクルが活発化し、ニキビや黒ずみだけでなく様々な肌トラブルの治療として行なわれています。

皮をむかれる薬剤は何かというと酸を使用します。乳酸やフルーツ酸と呼ばれるアルファヒドロキシ酸などが使われます。

この様々な酸がお尻ニキビの抗炎症作用や赤み、色素沈着を除去するという効果をもたらします。

また、表皮をむくため、毛穴の詰まりも改善してくれるという効果も期待ができます。

そして、お尻ニキビや黒ずみの場合は顔に比べて表皮が厚いため、薬剤も顔よりも強いものを使用できることが多く、顔よりもデコボコとした肌や色素沈着、赤みなどにより良い効果を得られる可能性があります。

このように魅力的なケミカルピーリングですが、デメリットももちろんあります。

化学的に肌に働きかける、つまり無理やり皮をむくのですから個々の体質により治療後に痛みや炎症を起こしてしまう場合があります。

肌の弱い人は治療が可能かどうかよく相談をすることが必要だと思います。
また、治療直後も肌がかなり弱っているため、治療先のアドバイスをしっかりと受けながら肌の手入れをしなければ、逆効果となってしまう可能性があります。

結局は毎日の肌のお手入れを欠かさず、しっかりとお尻ケアしないと。一度は治ったように見えてもまたしばらくするとまたお尻が黒ずんできていつの間にかブツブツができてしまった…というぶり返しがおきてしまいます。

おもに、ケミカルピーリングを受けられる場所は皮膚科やエステサロン、美容外科です。

エステサロンはもちろんですが、医療機関でケミカルピーリングを行なっても保険適応外となるため金額は高めとなってしまいます。

皮膚に関するトラブルを外側から治療した場合、どんな場合でもその後のケアが重要になるのは間違いありませんので、その事を理解した上で相談するようにしましょう。

 

 

button

 

 

 

 

 - お尻ニキビ対策

  関連記事

cr
皮膚科とクリニックによる、お尻のケア方法の違い

Tweet お尻の黒ずみやニキビを治したい、改善したいと真剣に悩み 「医師に相談 …

point
お尻を清潔に保つポイント2つ

Tweet お尻ニキビを予防するために、お尻を清潔に保つ事が大切なのはわかってい …

woman in cotton underwear showing skin
医学的な角度から見てもお尻の保湿はとても重要

Tweet 「お尻の黒ずみを改善していきたいけれど、どんなケアをすれば良いのか、 …