お尻ニキビと黒ずみ治療ガイド~皮膚科医も薦めるスキンケア~

お尻ニキビや黒ずみを治療し、早く治すために、皮膚科医師の間でもすすめられているのは正しいスキンケアの実践です。何度も繰り返す、しつこいお尻のニキビ、黒ずみに本気で悩んでいる方は、是非参考にしてみましょう

*

クレアラシルのお尻の皮膚への効果について

      2015/01/21




cr
クレアラシルもロングセラーの二キビ治療薬です。
市販で気軽に購入出きるので若い人を中心に人気があります。

クレアラシルのお尻の皮膚への効果は他の記事でご紹介している
ビフナイトもどちらも二キビ治療薬として知名度はありますが、
その効果はいまいちのようです。

もちろん他の二キビ治療薬同様に効果を実感している人も
沢山いますが、こちらの商品も顔全体にできる二キビ肌を
根本的に改善するようなものではなく、

一粒一粒で時々できているようなニキビに対して
一時的に改善させるようなタイプの二キビ治療薬です。

クレアラシルはわかりやすく言うと、ニキビを乾燥させて
治すようなタイプです。

こういった商品は治るニキビと治らないニキビがあり、
治らないニキビに使用してしまうと悪化してしまう可能性もあります
ので注意が必要です。

というのも、クレアラシルはどちらかというと皮膚疾患の治りが早い
思春期の年頃に効果が多く認められます。

肌の新陳代謝が活発で、基本的に健康状態の良い肌に
一時的にアクネ菌が侵入してしまった際の治療として向いているようです。

逆に肌自体の健康状態が良くない年代の人には
刺激がつよすぎるかもしれません。

やはりニキビができている時はできるだけ刺激を与えない方が
良いのにこちらのような商品は刺激が強いものを塗ることに
なりますので、適切でなければもちろん二キビに対して良くない
ということになります。

クレアラシルのような商品は特に使い心地に好みがわかれるの
ではないでしょうか。

効果はあるにしろないにしろ市販の薬でもニキビのケアができる
ということで、ケアをした満足感だけ得られ

治らなくてもこのニキビには仕方ない…と思い込むようにして

効果がはっきりしないけど、一応続けている…
というような人も多いようです。

ただ、お尻の皮膚は使用状況が悪いと、すぐにニキビが跡や黒ずみに
なってしまったりすることがありますから、特に注意するようにしましょう。

やはりニキビに対する市販の薬の使用は慎重になるべきです。




button






 - 薬について ,

  関連記事

a5
ニキビ跡の内服薬~抗生物質について

Tweet ニキビ跡ができたら、患部に直接塗布する外用薬と同時に抗生物質や ビタ …

bihu
ビフナイトはお尻のニキビにも使えるのか?

Tweet ニキビを治す市販薬として、ドラックストアでも 気軽に手に入るものがた …

Vitamin
ニキビ治療、肌質改善に使われるビタミン剤について

Tweet ビタミン剤で美尻になれる? 美肌の元となる栄養素として代表的なビタミ …

kusuri
お尻専用のニキビ塗り薬について

Tweet 市販のお尻専用二キビ治療薬にもさまざまなものがありますが、 刺激が強 …

pimple
ニキビ跡治療に使用される外用剤について

Tweet お尻に残ってしまったニキビ跡を皮膚科で治療する場合、 外用剤も有効な …