お尻ニキビと黒ずみ治療ガイド~皮膚科医も薦めるスキンケア~

お尻ニキビや黒ずみを治療し、早く治すために、皮膚科医師の間でもすすめられているのは正しいスキンケアの実践です。何度も繰り返す、しつこいお尻のニキビ、黒ずみに本気で悩んでいる方は、是非参考にしてみましょう

*

ニキビ治療、肌質改善に使われるビタミン剤について

      2015/03/07


Vitamin

ビタミン剤で美尻になれる?

美肌の元となる栄養素として代表的なビタミン類は、不足すればいろいろな
トラブルの原因になります。

特にビタミンB2やB6は、皮脂を調整する作用があるので
これらが不足すると乱れが生じ、ニキビができやすくなります。

ビタミンCにはコラーゲン生成を助ける働きがありますから
これも不足すると肌荒れが起こりやすくなるのです。

だからといって、お尻ニキビができている人全てがビタミン不足という
事ではありませんし、肌荒れの方がビタミンCを飲むと治るとも
限りません。

要因が他にあれば、いくらビタミンを補給しても意味がないのです。

皮膚科でニキビ治療を行う際、ビタミンCが処方される事が
ありますが、これは二次的な色素沈着を防ぐためです。

お尻ニキビを防ぐには、食事で摂るビタミンがいちばん効果的


現代では日本人でビタミンB2やB6が不足している方は
ほとんどいません。

必要以上のビタミンをサプリメントでとってもB群やCのような
水溶性のものはすぐに尿とともに排泄されます。

ビタミンAやEなど油溶性のものは逆に体内に溜まって害に
なることがあります。

なのでお尻のニキビを予防するためには日頃からバランスの
よい食事をとっていれば充分です。

ニキビ・肌荒れ治療に使われるビタミン剤の例

【ビタミンC】

特徴
粘膜や皮膚、爪などの健康を維持するのに必要。
不足すると皮膚の代謝が乱れる

薬品名(商品名)
リボフラビン(強力ビスラーゼ)
酢酸リボフラビン(ハイボン)
フラビンアデニンジヌクレオチド

【ビタミンB6】

特徴

表皮や髪の毛の材料となる、ケラチンをつくる。
脂肪やタンパク質の代謝を良くする働き
皮脂の分泌を抑える働きを持つ。

薬品名(商品名)
塩酸ピリドキシン(アデロキシン)
リン酸ピリドキサール

【ビタミンC】

特徴
体の細胞を統合させるコラーゲンの生成を助け
免疫力を高める働きを持つ。
不足するとしみ、シワの老化現象がすすむ。

薬品名(商品名)
アスコルビン酸

飲むビタミンCと、塗るビタミンC効くのはどっち?


これはよくいただく質問ですが
わたしたちの体でビタミンCが必要となるのは
だた肌だけ、という事ではありません。

日頃から食べ物、もしくはサプリメントによって
補給したビタミンCは全身のいたるところに運ばれ
それぞれの器官を満たし、活動をスムーズにします。

なので口から入ったビタミン類が直接肌の組織に
届いているわけではありません。

したがって、ニキビや黒ずみを治すためには、
飲むよりも塗るビタミンC
誘導体の方が効果が確実であると言えるでしょう。





button





 - 薬について

  関連記事

cr
クレアラシルのお尻の皮膚への効果について

Tweet クレアラシルもロングセラーの二キビ治療薬です。 市販で気軽に購入出き …

bihu
ビフナイトはお尻のニキビにも使えるのか?

Tweet ニキビを治す市販薬として、ドラックストアでも 気軽に手に入るものがた …

kusuri
お尻専用のニキビ塗り薬について

Tweet 市販のお尻専用二キビ治療薬にもさまざまなものがありますが、 刺激が強 …

a5
ニキビ跡の内服薬~抗生物質について

Tweet ニキビ跡ができたら、患部に直接塗布する外用薬と同時に抗生物質や ビタ …

pimple
ニキビ跡治療に使用される外用剤について

Tweet お尻に残ってしまったニキビ跡を皮膚科で治療する場合、 外用剤も有効な …