思春期二キビ予防の基本と洗顔方法について

ニキビの種類

shisyun

思春期のころはホルモンのバランスにより二キビができやすいですが、治りやすくもあるので、しっかり予防を心がけてニキビが出来てしまったときにはできるだけ適切な対処をこころがけるようにしていけば大丈夫です。

大人ニキビと違って跡になりにくいということもありませんが、ニキビがひどくならないようにいくつか気をつけていなければいけない点があります。

まず、ニキビは原因にあった対処法が必要ですが、良くありがちなのはそういったことをよく考えずに二キビ治療薬だけに頼ったニキビの治し方です。

できるだけニキビをできにくくするためにも普段から自分のできるケアを取り入れていくようにしてできるだけニキビを予防していくようにしましょう。

まず思春期のニキビを予防していくためには毎日の洗顔を徹底して行うようにして汚れをきちんと落として、汚れや汗の対策をしっかりしておくことです。

また、食生活はできるだけヘルシーな野菜中心の生活を心がけるというのは母親次第なので難しいかもしれませんが、できるだけそういったことも若いうちから意識しておきましょう。また、あまいものや脂っこいものを控えるというのは自分でもできることではないでしょうか。

こうしたなかで、早寝早起きも心がけていくようにしていくと十分な二キビケアになります。

ニキビの状態がひどいようであれば、市販の二キビ治療薬にたよらず皮膚科に通うようにしてみてください。あくまで適切な処置をすることが思春期ニキビに関わらず二キビケアでは大切なことなので、プロに相談するようにすると良いでしょう。

 

思春期ニキビに効果的な洗顔法について

scare

思春期ニキビはさまざまな二キビ治療薬や効果なスキンケア商品を使う必要はありません。

新陳代謝が活発な分ニキビができやすいですが、なおりやすくもあります。

そのためにも高いお金を掛けて 二キビケアをしていくよりも、千巻など基本的なスキンケアをまずは正しい方法でおこなっていくことからはじめていくようにしましょう。

思春期は特に汗や皮脂の分泌が活発で毛穴につまりやすかったりしてそれがニキビの原因になったりもします。こういったことを防いでいくためにも、まずは汚れをきちんと落とすことが大切です。

そして汚れを落とすからといって手でゴシゴシ擦るのは肌には良くありません。特にニキビがある時は肌にできるだけ負担を掛けないように優しく洗い上げることがとても大切なのです。

洗顔料はできるだけ低刺激の植物由来のものなどを選ぶと良いでしょう。しっかり泡立つ泡立ちの良いものを選んで洗顔ネットで泡立てて泡洗顔をするようにすると良いでしょう。

手やスポンジを使って擦って汚れを落とすのではなく、泡を少し顔の上にのせて馴染ませてからくるくるっとやさしく撫でる程度で洗い流してしまいましょう。

この時シャワーを顔に直接当てたりするのではなくぬるま湯をパシャパシャと顔に当ててすすぎもしっかり行うようにしましょう。

洗顔はと言う行為はただでさえ刺激の強いものなので、できるだけ刺激を与えないようにして優しく行っていくと、二キビ治療薬を使うよりもずっとニキビには効果的です。

正しい洗顔法は事前に予防するだけでなく二キビを改善する効果もありますので、しっかり正しい方法で汚れを落としていくようにしましょう。